トイレの水漏れの2次被害を防ぐ

トイレの水漏れの2次被害を防ぐ ウォシュレット 水漏れは、本体、給水ホース、分岐金具等、水漏れを発生する箇所は多く、様々な原因が考えられます。水漏れを発見した時は、まずは、自分自身の目で漏れている箇所を確認することから始めましょう。原因は突き止めると簡単なことが多く、自力で解決できる場合も少なくありません。まずは、目で見て確かめることが、肝心です。この時、目で確かめるだけですので、工具等を用意する必要はありません。まずは、懐中電灯、手鏡をもって、水が漏れている箇所を確認しましょう。狭いトイレの中では、どこから水が漏れているのか、分かりにくい時がありますので、隅々まで明るく照らしながら、確認を行います。

■ウォシュレットも故障する

ウォシュレットは一般的には、耐用年数は7年から10年と言われております。しかし、普通に使用していれば、早々故障するものではありません。但し、電子部品を採用した精密機械になりますので、絶対に故障しないとは言い切れません。
昨今のウォシュレットは高機能、高性能、高耐久性をメリットとしており、よほどのことがない限り、故障するものではありません。ただし、運悪く、故障しやすい商品に当たってしまった場合は、耐用年数と言われる期間を待たずして、故障してしまい、新しいものと交換せざるを得ないという場合も見受けられます。
ウォシュレットの水漏れの中でもっとも多いトラブルは、便座の横にある操作盤の下から水が漏れるトラブルです。貯湯式タイプと瞬間式タイプがあり、貯湯式タイプは操作盤の下がタンクになり、そこで溜めた水を温める仕組みです。瞬間式タイプは水が通っているパイプに内蔵ヒーターがあり、そのヒーターによって水を湯に換える仕組みになります。

■ウォッシュレットの水漏れの原因は
水漏れを発生しやすいのは、貯湯式タイプです。水抜き弁のパッキンが劣化することによって、水が漏れるので、パッキンを新しいものに交換すれば、改善されます。瞬間式タイプの水漏れは、ウォシュレットの機能を熟知していなければ修理できませんので、専門業者に依頼しましょう。
ぽたぽたと音を立ててノズルから水が漏れている場合は、ノズルが先端から、もしくは中ほどから外せるものであれば、取り外してみましょう。この場合は、部品を交換するだけで解決できることがあります。根元からの水の漏れだった場合は、専門業者に相談することをおすすめします。
この水漏れは、長い間放置しておくと、危険です。床に水が浸みこみ、床材を水で腐らせてしまうことにもなりかねません。床材の張替の相場価格は、トイレの狭い場所でも2万円から4万円程度かかってしまいます。床面積の広いトイレであれば、この価格以上の金額がかかる場合があります。2次被害を防ぐためにも、早めの修理依頼をおすすめします。

■カビが発生した場合

便器に結露が付着したまま、長く放置してしまうと、カビが発生します。カビは拭けばすぐ掃除できると思っている人も多いでしょう。しかし、実はトイレのカビは、そう簡単に落とせるものではありません。カビを力任せに除去しようと、研磨剤の入った洗剤を使って便器をこすれば、便器を傷つけてしまい、そこから不具合を起こすかもしれません。また、その傷に汚れが入り込み、更に落ちにくくなる場合もあります。トイレの便器に発生したカビは、早めに重曹で落としましょう。便器に傷をつけずに、カビをすっきりと落とすことができます。



■まとめ
ウォシュレットはメーカーによって保証期間は異なりますが、保証期間内であれば、故障個所によっては無料修理に応じてくれることがあります。ウォシュレットの水漏れを発見した時は、購入時に付属されていた保証書で保証期間を確かめておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース